FUSO japan

Topics

トピックス

短所は「強み」

『働く人を 企業を 街を輝かせる』

扶桑ビジネスサポートの東です。

よく個人にしても会社にしても、独自の強みを見つけましょうと言われますね。 「強み」を自他共にしっかりと認識されるものになれば、世界は変わってくるでしょう。 今日はその強み探しのきっかけになれればと思い、その一部をご紹介したいと思います。 まずは「寝食も忘れて夢中になれることは何か?」です。 そのような物が、仕事上に存在すれば素晴らしい事です。 今そのようなものがないと思ってても、子どもの時に夢中だったことなどがあれば、それは今の強みに繋がる可能性があります。 次に「他人より簡単に出来ることは何か?」です。 他人から褒められるような事ってそうですよね。 生まれ持った資質、幼い頃からの生活習慣で無意識に得た資質などの影響で、そのような特殊能力が身についてる場合も多々あるはずです。 最後に意外ですが「自分が短所と思っていることです。」 よく自身の長所より短所に目がいったりします。 長所を聞かれてもわからないけど、短所はスラスラと答えれる方も多いのではないでしょうか。 しかし、実はその短所は「長所の裏返し」だったりするのです。 例えば「口下手で、社交的じゃなく、パーティとか苦手」と思っている方は、一対一で限られた方と親密に深くお付き合いされる事を好む傾向があります。 そのような方は、多勢ではなく、ごく限られた方と深くお付き合いするお仕事が向いている訳ですね。 このように、短所から自分の強みを探すことも可能な訳です。 弊社でも個人・企業の強み探しプログラムがあり、これまでに多くの方の「強み」探しのお手伝いして参りました。 自身の「強み」を客観的に知る事が、ブレないポリシーづくりの第一歩となりますよ。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 〜あなたのお話を聴かせて下さい〜 【❶無料メッセージ・メール相談】 直接Facebook等のメッセージまたはメールでのご相談1ターン(1往復)まで無料。 ◎匿名希望者対応フォーム(ページ最下部)→ https://www.biz-suppo.net/kaishajouhou ◎メール:fuso@biz-suppo.net 【❷個人セッション】 あなたの立場・状況に応じ(ティーチングorコーチングorカウンセリングetc)、解決・解消に向けてのセッションを行います。(所要時間90分) ①パーソナルセッション=1万円 サラリーマン、起業を目指す人、個人事業主(雇用なし) ②リーダーセッション=2万円 個人事業主(雇用あり)、企業幹部、チームリーダー ③トップリーダーセッション=3万円 経営者、団体トップ ◎お申込みフォーム(ページ最下部)→ https://www.biz-suppo.net/kaishajouhou ◎メール:fuso@biz-suppo.net または直接Facebook等メッセージにて。 【❸社員ブランディング研修】 社員の意識改革をはかり、企業の「独自価値(=ブランド)」を創出するための研修プログラム→ https://www.biz-suppo.net/servic 【❹その他セミナー・研修プログラム】 企業・グループの状況に応じて、様々なセミナー・研修プログラムをご提案→ https://www.biz-suppo.net/serviceserviceshainkyouiku

最新記事

すべて表示

『働く人を 企業を 街を輝かせる』 扶桑ビジネスサポートの東です。 昨日は某社にて研修。 これまで研修を重ねて創り上げてきた「自社独自のブランド」を磨いていくにあたり、目標を設定する日。 定量的な数字の目標は、定性的イメージと違い、誰でも誤解なく認識が出来る。 また達成と未達がはっきりわかり、曖昧さを排除出来るわけです。 しかし、その分、数字を意識して業務にあたる事など皆無の社員さん達にとっ

『働く人を 企業を 街を輝かせる』 扶桑ビジネスサポートの東です。 誰しも、人生において一度や二度、何をどうすれば良いかわからない八方塞がりの時もあると思います。 そのような時はまずは人に話すことです。 いつまでも一人で抱え込んでいては、闇が深まるばかり。 しかし、他人に話す際にも人選には要注意です。 中には「正論という刃」を簡単に振りかざす方もいます。 そのような方は、逆に相談者の悩みを

『働く人を 企業を 街を輝かせる』 扶桑ビジネスサポートの東です。 過去に色んな組織をリーダーとして携わってきました。 具体的な成果に向けて、様々なプロジェクトに関わってきました。 その経験から、それぞれの組織が活性化するために、私が最も意識しといた事と言えば「トップが躍動する」事です。 長期にわたる会社団体運営などは、組織形成のステージにもよって、幾分か違ってきますが、主に短期から中期の