FUSO japan

Topics

トピックス

龍の頭が如く

『働く人を 企業を 街を輝かせる』 扶桑ビジネスサポートの東です。 過去に色んな組織をリーダーとして携わってきました。 具体的な成果に向けて、様々なプロジェクトに関わってきました。 その経験から、それぞれの組織が活性化するために、私が最も意識しといた事と言えば「トップが躍動する」事です。 長期にわたる会社団体運営などは、組織形成のステージにもよって、幾分か違ってきますが、主に短期から中期のプロジェクトに関して言えば、マネジメント手法だの何だのという次元の前に「トップが躍動」しなければ、その組織は沈滞します。 しかし、この「躍動」というのは奥が深いのです。 個人が膨大なエネルギーを使い活動するには「情熱を注げるだけの明確なビジョンや目標」が不可欠。 また、それらを組織で共有出来ていなければ、ただの「ひとり空回り」の状態となります。 もちろん立場に応じた「躍動感」というものもあります。 同じプレイヤーとして、はたまたあくまでマネジャーとし「旗を振る」ケースもあるでしょう。 いずれにしても、情熱的に動き、声をかけ、耳を傾け、旗を振り続けなければならないと思います。 とある、先輩経営者が言っていました。 「トップは、龍の頭の如く、常に動き続けなければならない」 龍は、頭を動かさないと、身体(組織)は動かない。 正に、龍が昇るが如く飛び立つには、まずはトップが躍動することが何よりも重要だと感じています。 ●お問合せ(ページ最下部)→ https://www.biz-suppo.net/kaishajouhou またはメール→fuso@biz-suppo.net ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 〜あなたのお話を聴かせて下さい〜 【❶無料メッセージ・メール相談】 直接Facebook等のメッセージまたはメールでのご相談1ターン(1往復)まで無料。 ◎匿名希望者対応フォーム(ページ最下部)→ https://www.biz-suppo.net/kaishajouhou ◎メール:fuso@biz-suppo.net 【❷個人セッション】 あなたの立場・状況に応じ(ティーチングorコーチングorカウンセリングetc)、解決・解消に向けてのセッションを行います。(所要時間90分) ①パーソナルセッション=1万円 サラリーマン、起業を目指す人、個人事業主(雇用なし) ②リーダーセッション=2万円 個人事業主(雇用あり)、企業幹部、チームリーダー ③トップリーダーセッション=3万円 経営者、団体トップ ◎お申込みフォーム(ページ最下部)→ https://www.biz-suppo.net/kaishajouhou ◎メール:fuso@biz-suppo.net または直接Facebook等メッセージにて。 【❸社員ブランディング研修】 社員の意識改革をはかり、企業の「独自価値(=ブランド)」を創出するための研修プログラム→ https://www.biz-suppo.net/servic 【❹その他セミナー・研修プログラム】 企業・グループの状況に応じて、様々なセミナー・研修プログラムをご提案→ https://www.biz-suppo.net/serviceserviceshainkyouiku

最新記事

すべて表示

社員が目標を決める

『働く人を 企業を 街を輝かせる』 扶桑ビジネスサポートの東です。 昨日は某社にて研修。 これまで研修を重ねて創り上げてきた「自社独自のブランド」を磨いていくにあたり、目標を設定する日。 定量的な数字の目標は、定性的イメージと違い、誰でも誤解なく認識が出来る。 また達成と未達がはっきりわかり、曖昧さを排除出来るわけです。 しかし、その分、数字を意識して業務にあたる事など皆無の社員さん達にとっ

注意すべき「刃」とリーダーの心掛け

『働く人を 企業を 街を輝かせる』 扶桑ビジネスサポートの東です。 誰しも、人生において一度や二度、何をどうすれば良いかわからない八方塞がりの時もあると思います。 そのような時はまずは人に話すことです。 いつまでも一人で抱え込んでいては、闇が深まるばかり。 しかし、他人に話す際にも人選には要注意です。 中には「正論という刃」を簡単に振りかざす方もいます。 そのような方は、逆に相談者の悩みを

実感した「集中力」の重要さ

『働く人を 企業を 街を輝かせる』 扶桑ビジネスサポートの東です。 事業や活動の成果を目指すにあたり、重要とされる要素はたくさんあります。 かのピータードラッカーは、成果を求めるために最も重要なことは「そのことに集中すること」と説きました。 至極当たり前のように聞こえますが、これが中々難しいのです。 実は、意識しなければ集中出来ない環境が直ぐに出来上がります。 集中するためには、まず優先